引っ越しの必需品ダンボールの入手方法

引っ越しの必需品ダンボールの入手方法

ダンボールは、引っ越しをする際には必ず必要なものです。ただ、一度引っ越しをした後にはかさばりますから、だいたいの人は処分してしまうでしょう。そのため、いざ引っ越しをしようという段取りになって、ダンボールが無くて困るということもあります。

 

ダンボールはアマゾンやホームセンターなどでも購入できますが、たかがダンボールにお金を支払うのももったいないですよね。ですので、今回は無料でダンボールを手に入れる方法をご紹介します。

 

●無料でダンボールを手に入れる方法
無料でダンボールを手に入れる方法は大きく分けると主に二つに分かれます。それは、引越し屋さんにもらう方法と、お店などでもらう方法です。

 

・引越し屋さんに頼む
引越し屋さんに見積もりをしてもらう際に、ダンボールが欲しいと言えば、大手であれば大体は無料でもらうことができます。大手であればプランに初めからダンボールを無料で大きなものと中くらいのものを一定枚数、無料で提供することを定めていることもあります。
ただ、引越し屋さんの中には、引っ越し後のダンボールは回収するという条件があることもあります。それはこちらとしても、処分をする手間が省けるので特にデメリットはありません。
なお、ダンボールを無料で提供してほしい場合は、必ず見積もりの際に言いましょう。契約の後になると、相手にも迷惑が掛かってしまいますので、要注意です。

 

・スーパーでもらう
次はお店でもらう方法になります。中でも近くにあるスーパーなどでは、使用済みのダンボールが積まれていることが良くあり、店員さんに一声かけてからもらうことができます。
お店側も処分するだけのダンボールを持ち帰ってもらえるので、願ったりかなったりですので、もしもダンボールを持ち帰り用に用意していない場合でも、持ってきてもらえることがあります。
ただ、もらうダンボールの種類には少し注意が必要です。そちらは後程説明いたします。

 

・家電量販店でもらう
家電量販店でも、店員さんに言えばダンボールを貰えることが多いです。廃棄をするダンボールの量が多く、さらに頑丈なダンボールが豊富なので、かなり役に立ちます。
もしも近くに家電量販店があるのならば、ぜひともトライしてみましょう。

 

・カー用品店でもらう
カー用品店は道路沿いにあるのがほとんどですが、そこでもダンボールを貰えることがあります。
そのダンボールはタイヤを梱包していた者で、直方体のかなり大きなものになります。お布団などを入れるのにはもってこいの大きさのダンボールですので、納得のいくサイズのダンボールがなければ、カー用品店にもらえるかどうか聞いてみるといいでしょう。

 

・ドラッグストアでもらう
大き目のドラッグストアには、洗剤やシャンプーなどの頑丈なダンボールがよく廃棄されています。ですので、それらももらうことができますし、小さめで丈夫なダンボールなので、本などを入れるのにはもってこいのダンボールとなっています。
ただ、ドラッグストアではもらえるかどうかが店舗ごとに違っていますので、必ず店員さんに利くようにしましょう。

 

●おすすめのダンボールと不向きなダンボール
引っ越しの際に使用するダンボールは、どのダンボールでもいいという訳ではありません。例えば、スーパーに置いてあるスナック菓子などの軽い物がはいっているダンボールでは、かなり柔らかいダンボールになっているので、引っ越しにはあまり適していないのです。
逆に言えば、重たいジュースなどが入っていたダンボール、ペットボトルようの大き目のダンボール、ミカンなどのフルーツ類や野菜類が入っていたダンボールは、手ごろな大きさで、引っ越しの際にはかなり役に立ちます。
ただ、フルーツや野菜類が入っていたダンボールには匂いがついており、匂い移りが発生してしまう可能性がありますので、匂いがついて困るものはいれないように注意しましょう。

 

●丈夫なダンボールは購入可能
上述の通り、ダンボールは無料で手にいれることができますが、使いまわしですので、少しぼろくなっていたりすると、本来の丈夫さを損なっていることがあります。
何が何でも丈夫で大きな段ボールが欲しい、そう思うのであれば、ホームセンターなどで購入することができます。値段も300円程度でかなり安いので、お手頃価格です。
しかし、このダンボールは丈夫さはあるのですが、かなり重たくなっています。そのため、徒歩で購入しに行くと持ち変えるのが極端に難しくなってしまうので、車で購入しに行くなどした方がいいでしょう。
特に、女性が購入される場合は、車に持ち運ぶのも大変なくらいの重さになることがありますので、店員さんに運んでもらったり、台車を借りたりするといいでしょう。
また、アマゾンでも購入することができます。10枚で2000円なので、こちらもそこまで高くはありませんね。

 

●ダンボールの大きさと梱包するもの
ダンボールは小さいもの、中くらいのもの、大きなものの大体三種類に分けられます。引っ越しの際はとりあえず大きなものに詰め込めばいい、と思われるかもしれませんが、大きな段ボールに詰め込むと、大変重たくなり、持ち運びが困難になります。それどころか、底抜けをしてしまうことがありますので、何をどの種類のダンボールに入れるかは、注意しなければならないことなのです。
例えば、小さいダンボールには本や食器、筋トレグッズなどの重たい物、中くらいのダンボールには、やかんや電子レンジ、スピーカーや掃除機などのそれほど重たくはない家電など、大き目のダンボールには、小物や洋服、布団やぬいぐるみなどの大きくて軽い物を入れる、というのがおすすめの梱包方法です。

 

●不要になった段ボールは引越し屋さんに引き取ってもらえるかも
引っ越しが終わったとのダンボールはだいたいは処分することになるでしょう。ただ、引越し屋さんの中には、自社で提供したタンボール以外でも引き取ってもらえる「ダンボール引取りサービス」を用意していることがあります。
そちらを利用すれば、引っ越しをした一定の期間のうちであれば無料でダンボールを引き取ってもらえます。
また、ダンボールは引き取りに来てもらえて、部屋の外などに置いておくだけで結構ですので、手間もかからずに非常に便利です。
こちらのサービスも大手の引越し屋さんであれば、大抵は用意されているので、見積もりの際などに、そのサービスを利用できるかどうかを聞いておくと良いでしょう。

 

●ダンボールは無料でもらった方が特
いかかでしょうか。ダンボールを購入できるとはいえ、アマゾンでは2000円前後、ホームセンターでは一つ300円くらいとは言え、複数購入するので、1000円以上はかかることでしょう。
それ位のお金がかかるのであれば、無料でもらった方がはるかにお得ですよね。もちろん、購入するものにはそれなりのメリットもありますが、無料でもらうダンボールにも大きなデメリットがあるわけでもないので、引っ越しにかかる費用を少しでも抑えたいのであれば、ダンボールは無料でもらったものを使用した方がいいでしょう。